当院からのお知らせ

2015年3月31日

4月1日より「院外処方せん」を発行いたします

当院では平成27年4月1日(水)から、厚生労働省の薦めに従い「医薬分業」の推進を図るため、原則としてすべての外来患者様を対象に「院外処方せん」を 発行することになりました。会計の際にお渡しする「処方せん」を、ご自分の都合の良い保険薬局(=かかりつけ薬局)に提出してお薬を受け取って下さい。

 

【保険薬局の選択】

保険薬局は自由に選ぶことが出来ます。あなたの好きな薬局を「かかりつけ薬局」にしましょう。「かかりつけ薬局」を決めておくと次のような良い点があります。

  1. 患者様の「薬歴(お薬の服用の記録)」を作り管理します。
  2. お薬に対するアレルギー、副作用等を確認・記録することにより服用するお薬の安全性を高めることが出来ます。
  3. 「お薬手帳」を作成します。お薬手帳を活用し、相互作用(お薬の飲み合わせ)や重複投与がないかを確認します。
  4. お薬の飲み方や注意する点などわかりやすく説明し、お薬のことだけでなく、体調や健康のことなど何でも相談することが出来ます。

 

【お薬の受け取り方】

「院外処方せん」によるお薬の受け取り方法は下記の二通りがあります。

  1. かかりつけ薬局に「処方せん」をご持参頂き受け取る。
  2. 事前に処方内容をファックスで送信し、後で「処方せん」と引き換えに受け取る。

 

【院外処方の流れ】

  1. 診察が終わりましたら、今まで通り書類ファイルを「会計窓口」にお出し下さい。
  2. 計算が終わりましたら会計窓口でお呼び出しを致しますので、会計番号表と「処方せん」を受け取り、名前をご確認ください。
  3. かかりつけ薬局に「処方せん」を渡し、飲み方等の説明を聞きお薬を受け取って下さい。

 

院外処方への移行を契機に、当院薬剤師は入院患者様のお薬全般に関与をし、これまで以上に安全で質の良い医療に力を注いでいく所存でございます。移行当初はご不便、ご迷惑をおかけするとは存じますがご理解、ご協力の程お願いいたします。

 

薬局HP用(中)