当院からのお知らせ

2020年5月12日

病院内におけるマスク着用について

病院内におけるマスク着用の徹底をお願い致します。

新型コロナウィルス感染症に関して、病院は患者さんの安全を担保する(感染から守る)責務があり、こういった観点からは院内感染を如何に防ぐかが最も重要な課題であります。

当院ではこれまでにマスク着用に加えて検温の実施、手指のアルコール消毒、面会禁止、病院出入りの時間制限、等々の院内感染防止対策を講じ、院内掲示やホームページで皆様のご協力を呼びかけて参りました。

しかしながら、未だマスクを着用されていない方を院内でお見かけすることがあります。

このようなちょっとした不注意が院内感染、即ち、患者さんの安全を脅かすことに繋がります。

コロナウィルスの感染経路は飛沫感染と言われており、マスクを着用することで飛沫の吸引を防ぎ、これが感染防御に繋がります。

つきましては、病院内でのマスク着用を徹底していただき、院内感染の防止にご協力いただくことをお願い致します。

また、面会につきましても原則禁止にしていますので、できるだけ控えていただくことをお願い致します。
病院長