当院からのお知らせ

2017年11月2日

医師のワークライフバランスについて取材をうけました

長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターより来院され、当院の取り組みや育児と

家事の両立などについて、管理者、ワークライフバランス推進員:木本医長、そして今年4月から

ご夫婦で当院に勤務している二尾健太先生、二尾愛先生のインタビュー取材がありました。

 

木本医長は、当院で麻酔科医として働きながら出産、産休後はすぐに職場復帰されました。当直や

時間外勤務も多い勤務ですが、家に帰ると3人のお子さんのママでもあります。当院には子育て中

でもモチベーションが高い女性医師の方々がいるので、一緒に働く医師がサポートしようと思える

環境が作れているとのことでした。

二尾愛先生は5年前に単身にて当院で勤務後、県外の病院へ転勤して出産・職場復帰されました。

今回、ご主人の二尾健太先生と一緒に赴任されましたが、出産してもまた戻って働きたいと思える

病院だったとのことです!

現在、二尾先生ご夫婦は、お互い当直や夜間の呼び出しもある中で2歳の娘さんを育てています。

当院は病院敷地内に宿舎があり、そして上司や同僚の理解と協力も得られて、以前より娘さんと

触れ合う時間を多く作れているそうです。

 

センターの方々と、女性医師を含めたすべての医療スタッフが働きやすい病院づくりについて、

ディスカッションすることができた、貴重な時間となりました。

 

HP2_RHP1_R

 

 

 

 

 

 

 

写真上:取材の様子  写真下:二尾先生ご夫婦のインタビュー