当院からのお知らせ

2017年3月9日

【開設】4月1日 腫瘍内科開設のお知らせ

がん治療の原則は外科手術ですが、周囲組織への浸潤や離れた臓器への転移がみられる

ような手術ができないケースでは化学療法が治療の主体となります。

このがん化学療法は、欧米では内科医(腫瘍内科)が主体的に関わっていますが、日本

では腫瘍内科の概念が導入されてからの日が浅いためか、未だ外科医が手術の傍らに化

学療法に携わっている病院・施設が多いようです。佐世保共済病院では、この4月から

腫瘍内科医2名を九州大学第1内科より迎え、外科医との協働のもとにがん化学療法の

充実を図って参ります。