平成30年度 院長挨拶

井口東郎ごあいさつ

院 長  井 口  東 郎

 新しい年度のスタートにあたりまして院長よりご挨拶申し上げます。

 日本では世界に先駆けて人口減少・少子高齢化が進んでいるため、それを見据えた様々な国策が既にスタートしており、医療の世界は激動の時代を迎えています。病院の存立にとって医療の質を担保することはもちろん大切ではありますが、必要条件としてまずは「健全経営」が求められ、安定した経営基盤が構築できない病院は淘汰されてしまいます。2年ごとの診療報酬改定で経営基盤が不安定になる中、この4月にも診療報酬と介護報酬の同時改訂がなされ、これを踏まえた上での経営戦略が今後の病院存立にとって鍵を握っています。地域における医療環境の変化を見据えて自らの病院の診療機能がどうあるべきかを吟味し、その変化に柔軟に対応してゆくデリケートな舵取りが求められています。

 佐世保県北医療圏に目を移しますと、本医療圏では急性期病床が過剰となってはいますが、佐世保共済病院は地域の基幹病院として急性期医療を担ってゆくことが義務づけられています。佐世保には4つの基幹病院がありますが、昨今の医療情勢を鑑みますと、それぞれの病院が同じような診療をすることは本医療圏の地域医療にとって非効率的であり、今後は各病院間の役割分担(棲み分け)が必要と思われます。佐世保共済病院としましては、佐世保県北医療圏における医療ニーズを勘案した上で、がん(消化器外科および腫瘍内科)、骨折(整形外科)それに周産期(産婦人科および小児科)を診療の3本柱に据え、診療機能の充実を図ってゆく所存であります。地域の医療機関の皆さまからは既に厚いご支援をいただいておりますが、佐世保共済病院が目指す今後の診療方針をご理解いただき、なお一層のご支援をお願い申し上げます。また、この度の診療報酬・介護報酬同時改定によって地域包括ケア病棟の運用にあたっては介護施設との連携も重要となり、共済病院としましては地域連携室に手厚く人材を配置し連携システムの再構築に取り組む所存であります。

 佐世保共済病院では「博愛の精神」「人の和」「自己研鑽」という3つの素晴らしい理念を掲げています。この理念が形骸化することなく、新たな年度を迎えるにあたってこの理念の意味するところを再認識し、全職員が力を結集して病院のさらなる飛躍を目指して参ります。