治験

治験とは?

「治験」この言葉をご存知でしょうか?聞き慣れない言葉ですが、「ちけん」と読みます。
病気や怪我の治療のために使われているお薬は、一般に広く使用される前に厳しい試験が行われています。動物による試験、健康人による試験を経て、新薬開発の最終段階では、実際に患者様に使って頂き、その薬の効果や安全性を調べることが必要となります。この試験は、国が定めた法律を遵守して行われます。
medicine_jozai
国の認可を得るための成績、データを集めるための試験を「治験」と呼びます。皆さんが現在使用されているお薬も、先人の方々のご協力を頂き、この「治験」を経て使われるようになったもので、この過程を経ることなく、お薬は世の中に出ることはありません。

治験審査委員会とは?

tatemono_hospital病院など施設において、治験にご協力頂いている患者様の「人権」や「安全」が守られているか、実施される治験に科学的、倫理的に問題がないかを審査する組織です。
医学・薬学などの専門家、非専門家、また委員会の中立を保つため、病院とは利害関係のない外部の委員を含め、医学的な立場、患者様の立場、双方の視点から審査を行います。

この委員会で、新しく治験を実施すること、あるいは実施中の治験を継続することが不適切であると採決された場合、施設においてその治験を実施することは出来ません。

佐世保共済病院においては、院内に治験審査委員会を設置し、2ヶ月に1回治験審査委員会を開催し、審査を行っています。

治験審査委員会情報