薬剤科

薬剤科

薬局HP用(中)病院の薬局でお渡しする「おくすり」は、医師が患者さんひとりひとりの症状や体格、年齢に合わせて処方したものです。

薬剤師は患者さんが「おくすり」を安心してお使い頂けるよう、「おくすり」の量や飲み方、飲み合わせなどをチェックしています。「おくすり」についてきちんと理解し、飲み方や使い方を正しく守りましょう。「おくすり」に関して気になる事や質問は、「おくすり相談コーナー」でお気軽にご相談ください。

薬剤科紹介

調剤

平成15年10月からのオーダリングシステム稼動開始に伴い、調剤支援システムを薬剤科内に導入しています。処方せんや薬袋、お薬説明書などは自動的に印刷されます。処方内容のチェックもコンピュータを使っており、過去に別の科で処方されたお薬との相互作用(飲み合わせ)についてもチェックしています。
粉薬や水薬は計量間違いを防止するため、薬品名とその量をコンピュータでチェックした上で調剤しています。
高齢者の方などで錠剤の一包化(同じ飲み方の薬を一袋にまとめてしまう)をご希望の方は、診察時に主治医に伝えて頂ければ対応致します。
お薬説明書はA4サイズでカラー写真付きのものを毎回お渡ししていますが、お薬手帳への記載を希望される方はお申し出下さい。
お薬の渡し口はオープンカウンターになっており、お薬の説明や患者さんからの質問に常時対応できるようスペースを設けています。気軽に声をかけて下さい。

注射薬調剤

入院患者さんの注射薬は、処方せんを基に個別にセットし、病棟に払い出しています。薬によっては混ぜずに別々に注射した方がよい場合もあり、コンピュータによる確実なチェックを行っています。

製剤業務

市販品にない消毒薬、軟膏、処置薬などを必要に応じて作製、滅菌し払い出しています。

薬剤管理業務

在庫管理は、調剤支援システムと連動してコンピュータによる自動発注を行っています。
麻薬、毒薬、劇薬などは管理を特に厳重に行っています。また緊急災害時のための対応も整えています。

薬剤情報管理業務

刻々と入ってくる各医薬品に関する情報を管理しており、情報の内容によっては、医師など医療スタッフに積極的に伝達しています。
また、患者さんや医療スタッフからの色々な問い合せに随時対応しています。院内医薬品集も作成しています。

薬剤管理指導業務

入院中の患者さんに対して、医師からの指示によりお薬の説明などを行っています。
一部の病棟では薬剤師が常駐しており、カルテからの情報、医師の回診への同行および患者さんと直接お話をして状態を把握し、お薬のチェックや説明を行っています。

TDM(薬物血中濃度モニタリング業務)

一部のお薬では、血液中のお薬の濃度を調べて、最適な量や間隔を計画し医師に報告しています。

チーム医療

院内では、医師、看護師、臨床検査技師、栄養士、理学療法士、ソーシャルワーカー、事務職員などとチームを組んで、医療の向上を目的とする各種委員会や医療支援チームのメンバーとして活動しています。
例えばICT(感染対策チーム)、NST(栄養サポートチーム)、緩和ケアチーム、糖尿病教室などで薬剤師としての専門性を発揮しています。

薬剤師外来

外来化学療法を行われている患者様に対して、自宅での副作用対策や初期症状の説明を症状に合わせ行います。また、副作用の症状により医師へ処方提案などを行い、外来化学療法を可能な限り継続できるようサポートします。

時間 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00