事務部

事務部のご紹介

私たち事務部は、病院の理念である「人の和」に基づき、チーム医療の一員として、病院運営の中心的な役割を担っており、佐世保県北医療圏を中心に地域のニーズにあった病院づくりに貢献しています。

これからの超高齢化社会を見据え、医療情勢も非常に厳しくなっており、その中で病院運営における事務部の役割は非常に重要なものと言えます。

今までは、医師や看護師とは違い「縁の下の力持ち」的な存在であった事務職員が、経営マネジメントの主役として活躍するようになっています。

これからも事務部門全体で相互に連携を取りながら、病院が円滑に運営できるように取り組んでいきます。

事務部組織図

jimubu-soshikizu

各部署紹介

総務課

総務課では、人事、給与、社会保険、労務管理、職員駐車場・宿舎管理といった職員に関する業務と施設基準・補助金等の各種届出、講演会等病院行事の企画・運営、防災、保安、郵便、電話交換等、対外的な対応を含めた病院全般に関する業務を中心として、幅広い業務を担当しています。

云わば縁の下の力持ち的な存在として病院運営に貢献する、大切な仕事を担っています。総務課は管理棟内にあり、管理者とのやりとりも多く、対外的な来客対応や各部署との連絡調整、突発的な業務に直面することもありますが、沈着冷静に業務に取り組む姿勢が大切で、やりがいを感じながら日々奮闘しています。

経理課

経理課の主な業務は、

  1. 予算及び決算
  2. 収支金、支出金の出納に関すること
  3. 資金計画
  4. 取り引き金融機関に関すること
  5. 小切手帳保管及び小切手の振出し
  6. 公租公課
  7. 債権管理

などがあります。要約すると、日々、お金の流れを管理し、月次、年次で収支をまとめ、病院経営状況を管理する業務となります。現在は、スタッフ6名で日々の業務を行なっています。

経理はあらゆる業種の事業体に必ずある業務であり、当院の経理業務も基本的には同様ですが、中には病院や国家公務員共済組合連合会特有の業務もあり、その内容は奥深く、そしてやりがいのある業務だと思っています。

医事課

医事課というとあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、医療事務といえば耳にされたことがあるのではないでしょうか。医療事務とは、主に日々の外来患者さんに対する「外来医事業務」、入院患者さんに対する「入院医事業務」、患者さんに行った医療行為、医療資源をお金に変換する「保険請求業務」、病院の運営に必要な「医事統計業務」などにより構成され、これらの業務を行うのが医事課です。医事課の窓口は最初に患者さんと接する「病院の顔」でもあり、心や身体に不安を抱えている患者さんに対して、少しでも快適に診察を受けていただけるよういつも笑顔で気持ちの良い接遇を心掛けています。

管財課

管財課は、薬品、診療材料、検査機器や事務用品などの物品を取り扱う「用度」と建物の保守管理をする「施設」が主な業務です。

病院という特殊な環境では、医師や看護師さんとのコミュニケーションが重要であり診療材料一つを買うにしても使い易さや安全性を考えるのはもちろんのこと、経済性も忘れずに購入手続きを進めていきます。また、高額な医療機器及び大規模工事等については院内だけの事務処理ではなく、連合会本部理事長承認を得ることもあります。

このように管財課は、病院の資金を扱う部門としてやりがいと大きな責任を感じながら働ける職場です。

情報システム課

平成24年に導入した電子カルテシステムを中心に、医事会計システム、各検査システムなど24時間365日稼働し続ける約50種類のシステムと、院内のネットワーク設備などの情報インフラ基盤の導入や運用・保守を行っています。

最近では、院内セキュリティ管理について検討しており、今後、セキュリティの強化を図っていきます。また、数年後には電子カルテシステムの更改も予定しており、今はその準備にとりかかっている最中です。

医療連携室

医療連携室では医師、ソーシャルワーカー(MSW)、看護師および事務職等を配置し、紹介患者の受付から紹介元への報告をはじめ、他施設への紹介、医療福祉相談、訪問看護などによる患者支援サービスを行っています。

【前方連携】
紹介患者の受付、紹介管理に関する業務、紹介元医療機関データ管理業務、広報支援、あじさいネット管理など(受診・入院相談、逆紹介支援・紹介率・逆紹介率・救急患者統計業務、開業医への訪問活動など)

【後方連携】
PFM部門・訪問看護・MSWによる入院時からの後方支援(主に退院に関する医療機関・社会福祉施設・在宅関係との連携を図り、自宅退院・医療機関への転院・介護施設などへの入所支援などを行う)

【その他】
レスパイト業務(重症心身障害児(者)レスパイト事業)

診療情報管理室

診療情報管理室は大きく分けて「診療情報管理係」と「医師事務支援係」で構成されています。「診療情報管理 係」は読んで字の如く、診療録(カルテ)情報を管理している部門です。患者情報のデーター管理、学会等の統計作成、個人情報の開示ならびに匿名化(個人情報漏えい防止)、がん登録の他、カルテ監査を2名で対応し、カルテ管理については2名で行っています。

「医師事務支援係」は医師の事務補助として医師の指示の下に診断書等作成業務、電子カルテの代行入力業務(但し、処方・注射の代行入力は行わない)、外来診療の補助、病棟回診の補助を行っています。更にカンファレンスの議事録作成、がん登録、外科のNCD(手術症例)登録を14名で対応しています。

業務内容を拡大しながら構築している発展途上の部門です。改めて診療情報管理室は医師の業務のサポートをさせて頂き、臨床に集中できる環境づくりをモットーにスタッフ一同頑張っています。

健診センター

健診センターでは、診察や各種検査で健康状態を評価することで、受診者の皆様の健康の維持・増進、疾病の予防や早期発見に努めています。他にも、職員健診や原爆健診の業務も行っています。また、心電図を健診センター内で測定するようにしたり、診察の記録を電子カルテに移行したりなど、日々の業務改善も進めています。

健診は、通常の保険診療と違い、自由診療で行う分、業務に幅があって面白いです。用意するサービスの内容をある程度自分たちで決定することができます。受診者の方から、「また来たい」といったご意見をいただいた時や、健診で病気の早期発見ができた時はやりがいを感じます。