臨床検査科

臨床検査科技師長あいさつ

当臨床検査科は 武井 洋一部長(医師)の下、国家資格を有した臨床検査技師15名が 生化免疫検査、血液検査、一般検査、輸血検査、微生物検査、生理検査の6部門において高度な専門性と知識をもって、患者様から提供された様々な検体を迅速に分析、評価し臨床へ検査情報として提供しています。

各部門には、それぞれの分野のスペシャリストが多数在籍し日進月歩の医療検査に対応するべく日々自己研鑽に励んでいます。またほぼ全員が佐世保市のみならず長崎県内や、九州及び全国の学会や研究会等に精力的に参加、発表を行っています。他にも、実習生の受け入れも行っており、臨床検査技師の育成にも貢献しています。

当臨床検査科は24時間365日いつでも緊急検査が出来る体制をとっており、臨床へ貢献しています。臨床検査の専門家としての知識を活用し、感染対策チーム(ICT)、栄養サポートチーム(NST)などの院内全体の活動にも積極的に参加しており、よりグローバルな検査室の構築を目指しています。

生化学・免疫

主に血液(血清)や尿を材料として脂質、酵素、ホルモン、無機質、肝炎ウイルスなどの感染症の検査を行っています。また、病院内でのNSTにも参加しています。

血液検査

多項目自動血球分析装置を用いて赤血球、白血球、血小板、ヘモグロビンなどを測定し、貧血や炎症の有無などを検査しています。

一般検査

尿、便、精液、体腔液を顕微鏡で鏡顕し、炎症・感染症・その他の異常がないかを検査し、迅速に臨床に情報提供しています。

輸血検査

主な業務は、血液型検査・交差試験・不規則抗体検査などです。輸血ミスを防ぐために、コンピューター管理にて血液製剤の発注・保管・輸血検査・出庫・副作用を管理しています。

微生物検査

喀痰や尿・膿・血液など、様々な材料から病原菌を同定し、どのような抗菌薬が有効か検査しています。またインフルエンザ・ノロ・ロタウイルスなどの迅速検査も実施しています。

生理検査

各種医療診断機器を用いて、直接患者さんを検査する部門です。

不安なく検査を受けられるようにしっかり説明をさせていただき、信頼性の高い検査データの報告に努めております。